Blog&column
ブログ・コラム

測量の杭打ちのコツについて解説

query_builder 2021/07/08
コラム
22
測量の仕事では、目印や境界を示すために杭を打ち込みます。
しかし、測量の仕事に就いて間もない場合は、上手く杭を打ち込めないものです。
そこで今回は、杭打ちのコツについてご紹介します。

▼杭打ちが上手くできないと
杭打ちは測量の仕事で必要なことなので、上手くできないと仕事がスムーズに進まなくなってしまいます。
杭打ちは作業の一環のため、そこで躓いてしまうとどんどんスケジュールが後ろ倒しになるでしょう。

また測量の仕事は、外で測量するだけではなく、会社でデータ整理や図面作成をしなければなりません。
そのため杭打ちで体力と時間を消耗してしまうと、会社での作業にも影響を与えてしまいます。

▼杭打ちのコツ①
コツは、杭の頭とハンマーの面を水平に当てるようにしましょう。
水平にハンマーが当たれば、真っ直ぐ杭が打ち込まれます。
杭とハンマーが当たる瞬間に、ほんの少し腰を落とすと安定感が得られますよ。

▼杭打ちのコツ②
慣れないうちは真っ直ぐ打つことが難しいので、杭が傾いたらすぐに修正しましょう。
傾いたら、反対から打って真っ直ぐにしてください。
一気に打たずに、少しずつ修正しながら打てば最終的に真っ直ぐ打てるようになります。

▼まとめ
測量の仕事をして日が経っていない場合は、なかなか杭打ちが上手くできないでしょう。
最初は上手くできなくても、繰り返し作業をすれば次第にコツが掴めるようになりますよ。
杭打ちが苦手な方は、ぜひ今回の内容を参考にしてくださいね。

NEW

  • 建築墨出しとは何かをお教えいたしますー

    query_builder 2021/03/31
  • 高所作業での安全対策とは

    query_builder 2021/09/22
  • 測量機器とは?測量機器の種類について

    query_builder 2021/09/15
  • 測量とは?測量の方法について

    query_builder 2021/09/08
  • 測量とは?測量が必要な理由について

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE