Blog&column
ブログ・コラム

測量における境界とは?

query_builder 2021/06/08
コラム
18
測量を行う際、しばしば境界という言葉が聞かれますが、境界とはどういう意味なのでしょうか。
今回は、測量における境界についてご説明します。

▼測量での境界の意味
測量するにあたって、境界には非常に大きな意味があります。

■境界の意味
境界とは、一般的に土地の境という意味の言葉です。
ただ、これが測量となると、土地の境界線を知るために行う測量方法を意味します。
この測量方法を境界確定測量と言い、土地の境界線を明らかにする測量方法です。

■境界が持つ大きな意味
通常、建物には境界点と呼ばれる境界を示す場所があります。
家であれば、角に杭が打たれていることが多く、これが境界を示しているのです。
また、杭ではなく、鋲が打たれていたり、フェンスが設けてある場合もあります。
これらはすべて、ここまでが自分の土地であることを示す証です。

■測量で境界を明らかにすべき時とは
家を新たに建てる時は、境界線を越えて建てることは許されないため、境界を明らかにする必要があります。
建ててから間違っていたとなると大変ですので、しっかりとした測量が必要です。
また、家を売却する際は境界を明らかにするために、買い手から境界確認書を求められる場合も増えています。
境界が曖昧だと、売却後にトラブルに発展する可能性があるからで、こうなると測量は必須です。

▼まとめ
測量における境界には、非常に重要な意味がありました。
家を建てるにも売却するにも、境界をはっきりさせておくことが大事です。
弊社はあらゆる場所で、日々測量を行っております。
測量のご依頼はもちろん、境界の確認のご相談もお気軽にお寄せください。

NEW

  • 建築墨出しとは何かをお教えいたしますー

    query_builder 2021/03/31
  • 建築と建設の違いについて

    query_builder 2021/10/15
  • 測量機器とは?測量機器の種類について

    query_builder 2021/10/01
  • 高所作業での安全対策とは

    query_builder 2021/09/22
  • 測量機器とは?測量機器の種類について

    query_builder 2021/09/15

CATEGORY

ARCHIVE