Blog&column
ブログ・コラム

測量の基準点とは?

query_builder 2021/05/28
コラム
16
測量を行うにあたっては、基準点というものが設けられています。
今回は、測量の基準点についてご説明します。

▼測量にとって重要な基準点
測量を行うにあたって、非常に重要な意味を持つ基準点にはいくつか種類があります。

■測量に欠かせない基準点
基準点とは、測量だけでなく地図の作成にも欠かせない基準となるものです。
あらゆる測量の基準となる基準点は、いくつか異なる方法からはじき出されます。

■三角点
三角点は緯度と経度が正確に求められた基準点で、山の頂上や見晴らしの良い場所に設置されています。
公共事業の建物の測量や、道路、土地開発といった公共性の高い工事に伴う測量の際には、三角点を基準点として使用することがほとんどです。

■水準点
水準点は、日本全国の国道や地方の主要な道路に設置されている基準点で、約2㎞間隔で取り付けられています。
水準点の特徴は、高さおいて非常に精密な測量ができるところです。
そのため、地震による地殻変動や液状化による地盤沈下が起こった際は、水準点を基準点として測量を行います。

■電子基準点
衛生からの電波をキャッチし、これを基準点とする方法が電子基準点です。
いわゆるGPSからの電波を連続して受信することにより、トータルステーションと呼ばれる測量機器を用いた測量に適しています。

▼まとめ
測量を行うにあたって不可欠な基準点ですが、その内容には複数あることがわかりました。
どんな測量を行うかにより、適切な基準点を選ぶ能力も求められますね。
弊社は日々異なる現場で測量を行ってきた実績があり、基準点についても熟知しております。
測量に関する疑問がございましたら、お気軽にお尋ね下さい。

NEW

  • 建築墨出しとは何かをお教えいたしますー

    query_builder 2021/03/31
  • 建築と建設の違いについて

    query_builder 2021/10/15
  • 測量機器とは?測量機器の種類について

    query_builder 2021/10/01
  • 高所作業での安全対策とは

    query_builder 2021/09/22
  • 測量機器とは?測量機器の種類について

    query_builder 2021/09/15

CATEGORY

ARCHIVE