Blog&column
ブログ・コラム

測量でのレベルの意味と使い方とは?

query_builder 2021/05/21
コラム
14
測量では、しばしばレベルという言葉が使われますが、どんな意味があるのでしょうか。
今回は、測量でのレベルの意味と使い方についてご説明します。

▼測量のレベルとその使い方
測量のレベルとはどのようなもので、どんな使い方をするのでしょうか。

■測量機械の一つ
レベルとは、測量を行う際に用いる測量機械の一つです。
主な使用目的は二つあり、一つ目は地面の高さを測るために用います。
地面には高低差、いわゆるでこぼこがあり、全体がフラットな状態にはなっていません。
そのためこの高低差をきちんと測っておかないと、建物自体が不安定になってしまいます。
もうひとつが、基礎部分や床の水平を出すことです。
この二つをレベルによって測り、土地を平らにならして、地盤を作り上げる作業に入ります。

■レベルの使い方
レベルは専用の三脚に取り付け、水平になる位置を探して設置し、測定する機械です。
最近のレベルには、オートレベルと呼ばれる機能があり、水平であることを確認したら、自動的に水平レベルを保ってくれます。
レベルを設置したら、順に高低差のある場所に標尺と呼ばれるものさしを立てていくと、レベルがこの目盛りを読み取るという流れです。
レベルの進化により、使い方もより簡単になりましたが、作業そのものは二人で行うのは、測量のその他の作業と変わりません。

▼まとめ
土地の高低差をきちんと測ってくれるレベルの使い方を知っておかないと、基礎工事に大きな影響を与えます。
ただ、今はオートレベルによって使い方も簡単になりました。
弊社ではレベルの使い方を熟知したスタッフが、精密な測量を行います。
レベルを使った測量をお考えの際は、お気軽にお申し付けください。

NEW

  • 建築墨出しとは何かをお教えいたしますー

    query_builder 2021/03/31
  • 建築と建設の違いについて

    query_builder 2021/10/15
  • 測量機器とは?測量機器の種類について

    query_builder 2021/10/01
  • 高所作業での安全対策とは

    query_builder 2021/09/22
  • 測量機器とは?測量機器の種類について

    query_builder 2021/09/15

CATEGORY

ARCHIVE