Blog&column
ブログ・コラム

境界確定測量と確定測量図について

query_builder 2021/04/05
コラム
2
家の建て直しや土地の売却をする際に境界を知る必要があるのに、はっきりと分からないときがあります。
境界が分からないときにはどうしたらいいのでしょうか。

▼正確な面積を知るために
特に土地を売却するときには土地の面積を正確にしておく必要があり、境界がどこなのかというのが重要になってきます。
古い土地や測量されてから長い年月がたっている土地の場合は正確でないことも多く、実際の面積と誤差が生じることもあります。
この誤差によるトラブルを避けるためにも、正確な面積を測量する必要があります。

▼境界確定測量とは
土地の測量は、国家資格を持つ測量士や土地家屋調査士といった専門家に依頼します。
特に土地家屋測量士は地域性や過去の資料や歴史などさまざまな情報をもとに測量を行い、境界をはっきりさせます。
このことを境界確定測量と言い、この調査は隣の土地の所有者が立ち会いのもと行われます。
測量をもとに正確な境界や土地面積が記された図面のことを確定測量図と言います。
隣の土地の所有者が立ち会い、同意をすることで境界をはっきりさせるため、トラブルを未然に防ぐ事に役立ちます。
また、土地を売却する際この確定測量図があれば、自分が所有する土地であることの証明となります。

▼まとめ
隣の土地との境界をはっきりさせたいときには、国家資格を持つ土地家屋調査士に依頼し、隣の土地の所有者立ち会いのもと、調査を行う必要があります。
この調査のことを境界確定測量、調査結果をもとに土地の境界や面積を記載した図面を確定測量図と言います。

NEW

  • 建築墨出しとは何かをお教えいたしますー

    query_builder 2021/03/31
  • 測量の仕組みについてご紹介

    query_builder 2021/08/01
  • 測量の仕事内容をご紹介

    query_builder 2021/07/22
  • 測量の杭打ちの手順について解説

    query_builder 2021/07/15
  • 測量の杭打ちのコツについて解説

    query_builder 2021/07/08

CATEGORY

ARCHIVE